先輩のインタビュー

総務部総務・人事課

松浦章浩

歴史を重ねながらも、変わらないボーダーレスの魅力
私が入社したのは今から20年も前の話にはなりますが、当時感じた、この会社が持つ肩ひじ張らないイメージは今も変わりません。役職を鼻にかけて横柄な態度をとる人はおらず、役職はあくまでも自分に与えられた役割であると認識し、真面目に仕事と向き合う人ばかりです。

だからこそ、上司部下は関係なく、自分の意見をしっかり発信していける雰囲気が作られているんでしょうね。普段は和気あいあいと話しながらも、締めるところはしっかりと締める。ただのなれ合いになるのではなく、お互いがお互いをちゃんと尊重し合える環境は、当社ならではの強みだと思っています。
より良い会社になるために、『当たり前』を作っていく仕事
学生の皆さまにはイメージしにくい部分もあると思いますが、総務人事の仕事は本当に多岐にわたっていて、社員の勤怠管理や採用関連の仕事はもちろん、電球の交換やバリアフリーの設置など、文字通り『何でも屋さん』といった感じです。言葉を選ばずに表現するならば、やって当たり前の仕事をとことん突き詰めていくことが使命。私たちの存在を他の社員が意識しない時こそ、最も効果的に仕事ができていると言っても過言ではありません。

頻繁に人から感謝をされたり、あれをやってくれ、これをやってくれと事細かに指示を出される仕事ではありませんから、いかに自分自身で目標を定め、モチベーションを維持していけるかが大切です。アンテナを高く張り、ちょっとした気遣いに手を抜かない人であれば、活躍の幅も広がっていくでしょう。
良いことも、悪いことも、本音を見せて語れる会社
当社は一見すると、商材もマニアックですし、取っつきにくいと感じる部分もあるかもしれません。だからこそ、説明会や面接の場で学生の方とお会いする時は、良いことばかり伝えるのではなく、本当の姿を見てもらえるように心がけています。生の声を聞き、実状を見た上で、自分にふさわしい会社かどうかを判断してもらえるとうれしいですね。

就職活動というのは、短い期間の中で色んな会社のことを知り、体験していける数少ない機会です。視野を狭めてしまうことなく、本当に自分に合った会社はどこなのか、たくさんある可能性の中から見つけていってください。社名や規模に関わらず、なぜか自分にしっくり来る会社というのが必ずあるものです。もしもそれがキーパーであったとしたら、当社もその期待に全力で応えます。

Entry

エントリー