沿革

  • 1943年 02月

    明治43年(1910年)以降、鉄道車両用ダストキーパーを製造していた同業3社が企業合同して、日本ダストキーパー(株)を設立。

  • 1953年 04月

    自動車用並びに一般機械向けオイルシールの製造販売を開始。

  • 1960年 10月

    オイルレベルゲージの製造販売を開始。

  • 1963年 10月

    辻堂工場がオイルシールのJIS指定工場認可。

  • 1964年 04月

    等速ジョイント用ブーツの製造販売を開始。

  • 1965年 11月

    東京通商産業局長より工場標準化と品質管理について表彰される。

  • 1967年 11月

    キーパー(株)に社名変更。

  • 1967年 12月

    英国ジョージ・アンガス社と技術提携。

  • 1969年 01月

    (株)浅井製作所と合併。

  • 1970年 08月

    三隅工場(島根県)を新設。

  • 1973年 09月

    資本金2億5000万円に増資。

  • 1975年 03月

    三隅工場がオイルシールのJIS指定工場認可。

  • 1977年 03月

    船尾管軸封装置スタンキーパーの製造販売を開始。

  • 1978年 11月

    平塚工場(神奈川県)を新設。

  • 1980年 05月

    ダストキーパー(株)(静岡県)を設立。

  • 1980年 12月

    資本金6億円となる。

  • 1981年 09月

    ステアリング用樹脂ブーツの製造販売を開始。

  • 1984年 07月

    HPS(耐圧)シールの製造販売を開始。

  • 1984年 11月

    御殿場工場に技術開発部実験室が完成。

  • 1985年 10月

    御殿場工場にゴム混練り工場が完成。

  • 1987年 10月

    台普工業股份有限公司(台湾)を合弁設立。

  • 1989年 04月

    船舶部門を分社してスターンキーパー(株)を設立。

  • 1989年 10月

    白砂工場(島根県)を新設。

  • 1990年 12月

    辻堂地区に本社ビルを新築。

  • 1990年 12月

    日産自動車品質管理賞(NQC)を受賞。

  • 1991年 05月

    GKI Corporation(米国)を合弁設立。

  • 1993年 05月

    資本金6億9300万円に増資。

  • 1995年 04月

    青島基珀密封工業有限公司(中国)を合弁設立。(2006.12合弁解消)

  • 1997年 06月

    韓国キーパー(韓国)を合弁設立。

  • 1998年 11月

    QS-9000認証取得。

  • 2000年 01月

    ダストキーパー(株)のリサイクルゴム部門を分社化し、デーケーアール(株)を設立

  • 2000年 01月

    ダストキーパー(株)を吸収合併。(御殿場工場とする)

  • 2000年 05月

    GKIとWYNN'S PRECISION PLASTIC事業部が合併してWYNN'S KEEPER INC.(米国)を設立。

  • 2000年 11月

    WYNN'S KEEPER INC.は、合併によりPARKER KEEPER INC.(米国)となる。

  • 2000年 12月

    QS9000の拡大認証を取得。(辻堂工場、平塚工場、三隅工場)

  • 2001年 06月

    SIAM KEEPER CO.,LTD.(タイ)を合弁設立。

  • 2001年 11月

    AMERICAN KEEPER CORPORATION(米国)を設立。

  • 2002年 09月

    タイに生産子会社SIAM KEEPER MANUFACTURING CO.,LTD.を設立。

  • 2002年 11月

    御殿場工場が日本品質奨励賞受賞。

  • 2003年 03月

    ISO14001認証取得。

  • 2004年 10月

    ISO/TS16949認証取得。

  • 2004年 10月

    (株)トーイツを子会社化。

  • 2005年 10月

    (株)今井を子会社化。

  • 2006年 10月

    白砂工場が日本品質奨励賞受賞。

  • 2008年 09月

    (株)今井をケーピー(株)に社名変更。

  • 2009年 11月

    合弁会社ブルスキーパー(株)設立。