行動規範

  • キーパーグループ 企業行動規範

    キーパー株式会社(およびグループ各社)は、社是 「技術の蓄積 信用の蓄積 資本の蓄積」に基づく、経営理念 「人の和による力を創造し社会に貢献する」を追求するため、「シール技術を基本に、最高の製品・サービスを提供するグローバル企業を構築する」ことを、 長期ビジョンに置いています。

    そして、その実現のために「キーパーグループ企業行動規範」を制定し、企業倫理と法令遵守に根差した事業活動を行い社会的責任を果たしていきます。

  • 1.事業活動において

    (1)有用で安全な製品・サービスの提供
    ・社会に有用で安全な製品・サービスを開発・提供し、お客様の満足と信頼を獲得するよう努めます。
    ・最高の製品・サービスを提供するために、品質マネジメントシステムを構築し、適切かつ有効に運用します。

    (2)公正な競争、適正な取引
    ・公正・透明・自由な競争を基本とし、お取引先と良好なパートナーシップを築き、適正な取引を行います。
    ・政治・行政との健全かつ正常な関係を保ちます。

    (3)人権の尊重、国際規範の尊重
    ・従業員の多様性・人格・個性を尊重し、個人の尊厳を傷つけるような行為はしません。
    ・グローバルに活動する企業として、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種国際規範を尊重します。

    (4)安全と健康に配慮した職場環境の整備
    ・従業員一人ひとりが、働きがい、やりがいをもって働くことができる職場作りに努めます。
    ・安全と健康を守ることを最優先として、職場の安全確保に努めます。

    (5)リスク管理、情報セキュリティ管理
    ・事業を取り巻く様々なリスクに対し、その発生防止、除去、軽減に努め、リスク発生時には迅速に対応し、事業の継続と安定的発展を目指します。
    ・自社の機密情報や個人情報、顧客情報をはじめとする各種情報の保護・管理を徹底します。

  • 2.社会との関係において

    (1)環境保全
    ・企業活動が地球規模で環境に関わることを認識し、事業活動における環境負担軽減に努めます。
    ・環境保全活動を効果的に進めるために、環境マネジメントシステムを構築し、適切かつ有効に運用します。

    (2)地域社会への参画
    ・良き企業市民として地域社会と交流しその発展に協力します。
    ・社会貢献活動の実施により信頼される企業を目指します。

    (3)情報開示、ステークホルダーとの対話
    ・企業情報を積極的かつ正確に開示し、多様な意見にも耳を傾け、社会との双方向のコミュニケーションを大切にします。

    (4)反社会的勢力との関係遮断
    ・反社会的勢力・団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。

  • 3.経営トップの自覚と責任

    ・役員は本規範の精神の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範して社内・グループ企業にその徹底を図ります。
    ・本規範に反するような事態が発生した時は、役員自ら問題解決にあたり、原因究明と再発防止に努めます。